2017年11月27日

「雨が上がりました the fall festival」



気持ちの良いお天気で迎えた秋祭り当日。
 早朝から布団太鼓は拝殿横に待機していました。

Photo 2017-11-26 7 13 52.jpg
 

毎年のことですので、それを知っていたのか
 子供達が楽しそうに太鼓を叩いていました^^



神様への御供(ごく)を奉納するお祭りは平穏に斎行されましたが
 なにやら少し分厚い雲が空を覆いました。

「あちゃちゃちゃちゃー」



そんな雨は一瞬だけでホッとしました^^;


Photo 2017-11-26 19 27 23.jpg


では、みなさんが楽しみされている布団太鼓です。

 団長や責任者の挨拶から始まります。

Photo 2017-11-26 19 56 16.jpg


Photo 2017-11-26 19 56 33.jpg



そして、いよいよ、舁き出しです!!





この動画は高画質です。
 低画質のものもありますので、重たい場合はこちらをご覧ください。





無事に今年の秋祭りも無事に終わりました!!
 ご協力本当にありがとうございました。

Photo 2017-11-26 20 15 02.jpg



今年も後1ヶ月です。
 寒くなってきましたので風邪などひかないように気をつけてください。


 
posted by ねぎ at 17:08| Comment(0) | 秋祭り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月25日

「さぶいっ(> <;) It's cold」



朝晩と日中の寒暖差が大きくなると
きれいに色づくのがモミジですね〜♪


Photo 2017-11-25 15 47 59.jpg


ちょうど今が見頃です^^♪


でも、それと一緒にやってくるのが
 落葉・・・。

明日が秋祭りということで高齢クラブのみなさんが掃除を手伝ってくださいました。

Photo 2017-11-24 7 02 15.jpg


階段掃除が一番大変なので本当に助かります。
 ありがとうございました。


Photo 2017-11-24 7 54 23.jpg


これで明日は清々しく秋祭りを迎えることができます



明日は午前11時から本宮祭を斎行いたします。
 午後2時からはお神楽の奉納です。

お神楽のお下がりとして御供をお渡ししておりますので
 無病息災を祈り食してください。


IMG_4704.JPG


午後5時頃からはわたがしや甘酒の接待の他に夜店も出ます!!

 そして、午後8時からは布団太鼓が拝殿周りを練ります。

是非是非お参りください^^

 あっ!
  お神楽券をお持ちの方は忘れないようにしてください!!


それではお待ちしております。


posted by ねぎ at 18:16| Comment(0) | 秋祭り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月24日

「御供所神事 a Shinto ritual "Gokusyo"」



御供所神事

午前8時に集まり、この神事は行われます。
 現在、八尾市無形文化財に指定されていますこの神事は
 調べてみますと西暦900年ごろから行われています。

ということは、この神事が始まって1000年以上!!
 残っている文献では、この神事で作られる御供(ごく)というお供え物を天皇に奉献したようです。
 必ずしも神事が行われていたかどうかは定かではありませんが
 それでも1000年続くこの御供を現在でも作り、食しているということにびっくりです!!


ご奉仕くださるのは御供所講と呼ばれる方々です。
 昔から決められた家の方々です。

最終的にできあがる御供は人形をしています。
 今年できたものはこちらです↓

IMG_4704.JPG


これを一つ一つ作っていきます。


まずは、頭の部分の丸餅です。

IMG_4610.JPG

これだけはもち米から作ります。

IMG_4630.JPG


IMG_4632.JPG


丸めていくのも職人芸です。


IMG_4635.JPG


できあがりは箱に詰めていきます。


IMG_4636.JPG



これが終わると、御供を揚げるための油を温めます。
 その火はご神前で火打ち石から起こし、代表に渡されます。


IMG_4638.JPG


IMG_4639.JPG


そして、点火。


23949177_10207831808593051_895055724_o.jpg


火だけをアップに撮ろうと思いましたが、、、残念><

IMG_4645.JPG


さぁ続きです。

油を温めている間にブトマガリと呼ばれるものを米粉から形づくっていきます。

まずは熱湯でこねます。


 熱湯です!!


IMG_4623.JPG


非常に熱いです(汗

IMG_4649.JPG

↓なにやらこの輝きが神聖なものを表現しているように見えます^^


IMG_4663.JPG



こねたものを茹でます。
 火を通しやすくするためにドーナツ型にしています。


IMG_4659.JPG


そして、搗きます。


IMG_4669.JPG


IMG_4667.JPG


さて、その頃
 形を作る担当の方々は


IMG_4653.JPG


待っています。
 ただただ、待っています。
 


↓そして、準備のはじまり!!

↑の待機中と↓の準備中の光の当たり具合。
 意識して撮ったわけではありませんが、少し気に入っています(笑


IMG_4657.JPG


ブトは薄く広げた餅に11個の大豆を入れます。
 11個とは五臓六腑を合わせた数です。

IMG_4694.JPG


それを包むと完成です。
 最高の笑顔^^

IMG_4693.JPG


次に油で揚げます。

IMG_4684.JPG


IMG_4681.JPG


少し黄色く見えるのは菜種油を使っているからです。

ここもずっと油の前にいてるので非常に熱い!!> <
 それに油でべたべたになります。

今年の担当者です^^

23961145_10207831810553100_937756052_o.jpg


↓これはマガリです。
 この中には何も入っていません。

23960706_10207831809633077_1438168877_o.jpg


この数、おおよそ1000!!


23960912_10207831811513124_1705002671_o.jpg


他にもバイシと呼ばれるものも作ります。

IMG_4677.JPG


IMG_4679.JPG


人形が右手に持っているものですが、
 一説によると「お箸なのではないか」ということです。
 1000年前からあったのか、途中から作られたのか、
 当時お箸は使われていたのか、調査中です。

他にも「稲なのではないか」という説もあります。

IMG_4704.JPG



このできあがった御供を明日の宵宮祭
 明後日の本宮祭でお供えします。


23961140_10207831811833132_1736705982_o.jpg



本宮祭の終了後、午後2時から午後9時まで浪速神楽を奉納しています。
 そのお下がりに今日作った御供をお渡ししておりますので、
 参拝された時は是非お神楽をお受けください。


他にも、無料のわたがしや甘酒も接待しています。
 家族皆様でお参りください^^


最後になりましたが、本日奉仕された御供所講の方々です。
 普段載せている画像は真剣に作られているところばかりですので
 非常に貴重なショットかもしれません(笑)


23960973_10207831810113089_1919706321_o.jpg


23897302_10207831810273093_1354365878_o.jpg


23960757_10207831810713104_2049857544_o.jpg



裏話。
実はこの御供所神事で使われた「米のとろみがついた湯」、「御供を揚げた油」を使い
 御供としゃくし菜、ブリのアラで味噌汁を作ります。

23960982_10207831812273143_619609418_o.jpg

これが非常にうまい!!絶品です。
 見に来られた方にもふるまうことがありますので
 食べてみたい方は来年楽しみにお越しください。

それでは11月26日の秋祭りでお待ちしております。




posted by ねぎ at 19:26| Comment(0) | 秋祭り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月23日

「明日から秋祭りです!! the fall festival will be held from tomorrow!! 」



いよいよ明日から秋祭りです。
 といっても、明日は宵宮祭と本宮祭にお供えする神饌を作る神事です。


御供所神事

熟饌といって、この秋祭りでは調理された神饌をお供えします。
 毎年この珍しい神事を見学にいろいろなところから来られます。

明日は午前8時から行われます。
 自由にご覧になることができますので、是非ご参拝ください^^

↓これらは昨年の画像です。

DSC03219.JPG

DSC03115.JPG


DSC03258.JPG


DSC03362.JPG



作られた神饌を組み合わせると↓のように人形(ひとがた)になります。
 当社の厄除けの原型だといわれています。


Photo 25-11-2016, 16 44 24.jpg



それ以外にも、26日の本宮祭では拝殿周囲に布団太鼓が出ます!!
 周囲には薦を巻き安全対策です。

IMG_4512.JPG


この石灯篭は倒れやすく、かなり危険ですので
 見に来られる方は十分にお気をつけください。

IMG_4513.JPG


posted by ねぎ at 18:02| Comment(0) | 秋祭り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月22日

「御供所神事」



明後日に迫りました。

 御供所神事


秋祭りでお供えする御供(ごく)を作る神事で
 八尾市の無形文化財に登録されています。


昨日と今日はそれに使う道具の洗いでした。
 中には昭和初期から変わらず使っているものもあります。


Photo 2017-11-21 17 38 45.jpg


これは米粉の量をはかる道具です。


Photo 2017-11-21 17 38 54.jpg


使った後はよく洗い、乾燥させてから片付けるのですが
 おいしい米粉が残っているのでしょう。
 それを食べる虫の穴が開いてしまっています^^;;


他にも1本の木から切り出した大きな臼もあります。
 そんな道具を大事に使いながら御供を作ります。


出来上がった御供を並べると↓の画像のように人形(ひとがた)になります。

Photo 25-11-2016, 16 44 24.jpg


当社のお祓いでは人形(現在は紙で作られたもの)を使いますが
 この御供が原型ではないのかと云われています。



24日の御供所神事は午前8時から行います。
 珍しい神事ですので是非ご覧になってみてください^^

お待ちしております。



posted by ねぎ at 23:16| Comment(0) | 秋祭り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月18日

「布団太鼓 a preparation of the fall festival」



もう1週間前になりました。

 秋祭り


今日は青年団が布団太鼓を組んでいます。

IMG_4494.JPG


朝から雨が降っているのでブルーシートを屋根代わりに作業中です。

IMG_4495.JPG


午後3時からは太鼓(を叩く)練習をするようです。

11月26日の秋祭りでも布団太鼓が拝殿周りを回ります。
 今のところ、晴れ曇りのような天気予報ですので
 そのまま当日は雨が降りませんように。


秋祭りが終われば、あっという間にお正月ですね。
 年越しの大祓神事(おおはらえ)も準備中です。
 この神事では7月から半年間のケガレをお祓いします。
 
なにやら勘違いされている方が多いような気がしますが
 ご家族やご親族のご不幸はケガレ(穢れ)になります。

喪中は参拝を控えていただかなければなりませんが
 この大祓の神事は遠慮されるのではなく、
 ご自身のケガレを人形(ひとがた)に移すことでしっかりと祓い、
 清々しいお体でお正月をお迎え下さい。

ご案内は12月の初旬になりますのでお待ち下さい。


posted by ねぎ at 11:43| Comment(0) | 秋祭り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月09日

「そろそろです coming soon」



2週間前になりました。

秋祭りです!!



本宮は26日(日)ですが、
 24日(金)から神事が始まります。

24日は秋祭りでお供えする御供(ごく)を作ります。

Photo 24-11-2016, 9 48 43.jpg


御供所講と呼ばれる代々御供を作ってくださる方々と
 総代の方々の手によって作られます。


使われるのは、新米

それを搗き、餅にして形作ります。
 様々な形のものを作りますが、出来上がったものを組み合わせると人形(ひとがた)になります。


Photo 25-11-2016, 16 44 24.jpg


これをお供えし、食し、
 厄祓い(厄払い・厄除け)、無病息災を祈願していました。


26日にはお神楽があり、受けられた方には
 この御供をお渡ししますので、是非召し上がってみてください^^


posted by ねぎ at 18:39| Comment(0) | 秋祭り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月27日

「秋祭り the fall festival」



お蔭様で雨予報にも関わらず
 朝から快晴!!

そして、夕方から雨が降ると聞いていましたが
 なんとか終わるまで降りませんでした。

ありがとうございます。


こうして無事に秋の例大祭を無事に終えることができたのも
 役員の皆様や、青年団、参拝者等、多くの方々のご協力のお蔭だと本当に感謝しております。


少し写真を撮りましたのでアップします。

一番みなさんが楽しみにされていたのは布団太鼓でしょうか?

IMG_3614.JPG

本当に雨に降られずよかったです。


IMG_3615.JPG



Photo 26-11-2016, 18 42 48.jpg



この布団太鼓はまだ薄暗い早朝6時から準備しています。

Photo 26-11-2016, 6 19 03.jpg


お祭りが始まると

IMG_3561.JPG


もちろん布団太鼓もお祓いします。

IMG_3566.JPG



そして、お神楽です。

IMG_3619.JPG


今年初めての吾妻胡蝶も奉納できてよかったです。

 来年も奉納しようと思いますので是非ご参拝ください。


神様には新穀をお供えし、感謝申し上げました。
来年も実りある年となりますことをご祈念いたしました。


さぁ、今年も残り1ヶ月とちょっとです。
 

Photo 26-11-2016, 19 24 45.jpg


今日は長い長い一日でした。

 ありがとうございました。




posted by ねぎ at 00:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 秋祭り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月25日

「秋祭り the fall festival」



今日は宵宮です。

Photo 25-11-2016, 16 00 03.jpg


昨日の御供所神事で作った御供(ごく)をご神前にお供えいたしました。

御供を組み合わせると人形(ひとがた)になります。

Photo 25-11-2016, 16 44 24.jpg

明日はいよいよ秋祭り本宮祭です。

午後11時よりお祭りを斎行し、
 午後2時からはお神楽を奉納いたします。
 このお神楽は午後9時まで行っております。

また、午後8時からは布団太鼓が拝殿周りを回ります。

境内では、わたがしや甘酒の無料接待をしております。
他にも出店もあります。

たくさんのご参拝をお待ちしております。



ここからは
昨日は整理できていなかった神事の画像です。


神事で使う竃の火はご神前で火打ち石で火を点けます。

DSC03097.JPG


まず人形の頭の部分の丸餅です。

DSC02965.JPG


DSC03008.JPG


DSC03024.JPG

こちらは普通のお餅を丸くしたものです。


次に胴体や手足部分ですが
 こちらは新しいお米を粉にしたものから作ります。

まずは練ります。

DSC03115.JPG

ただ、熱湯を加えて練っていきますので
 かなり熱いです。

DSC03165.JPG


それをドーナツ型にします。

DSC03352.JPG


DSC03355.JPG


DSC03375.JPG


それを茹でます。

DSC03250.JPG


そして、つきます。

DSC03326.JPG


DSC03213.JPG


ただつくだけのような感じがしますが
 かなり大変な作業です。これを10回以上行います。

DSC03219.JPG

みなさん真剣な眼差しです。


そして、胴体部分のオオブトや手足部分のマガリを作っていきます。

DSC03239.JPG


DSC03268.JPG


DSC03362.JPG


形を整えたオオブトやマガリを、次は揚げます。

DSC03308.JPG


DSC03309.JPG


DSC03258.JPG


揚げた御供は桶に入れていきます。

DSC03364.JPG


お祭りまでは拝殿で保管します。

DSC03411.JPG


DSC03412.JPG

運ぶ時も慎重です。


この作業をお昼過ぎまで行います。


全国的に見ても珍しい神事です。

この神事は毎年11月24日に行っています。
残念ながら今回見ることができなかった方は
 来年は是非ご参拝ください。




posted by ねぎ at 21:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 秋祭り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月24日

「御供所神事 the Gokusyo Shinto ritual」



今日の夕空は金色に輝いていました。
 何か良いことが起こる前触れでしょうか?

Photo 24-11-2016, 16 23 22.jpg

とてもきれいでビックリしました。



さて、本日は秋祭りにお供えする神饌(しんせん)を作る
 御供所神事(ごくしょしんじ)が行われました。

たくさん画像をいただいたので、整理が間に合わないので
 詳しくは明日アップします。

今日のものは昼間にFacebookにアップしたものなので
 そちらも見ていただいている方は重複してしまいすみません。

Photo 24-11-2016, 9 48 43.jpg


この神事は御供所講(ごくしょこう)と呼ばれる家の方々を主軸にして
 役員の方々のご協力の下で行われます。

この神事で作られる神饌は御供(ごく)と呼ばれます。

一般的な神饌は生ですが、これは火を通す熟饌(じゅくせん)と呼ばれるものです。

どのように火を通すかというと

Photo 24-11-2016, 11 51 00.jpg

米粉から形を作ったものを油で揚げます。

最終的に組み合わせると人形(ひとがた)になります。

Photo 24-11-2016, 11 44 50.jpg

これは、当社の厄除け・お祓いで用いる紙の人形(ひとがた)の原型だと云われています。

この御供は26日の秋祭りのお神楽を受けられた方にお下がりとしてお渡しいたします。
 (ただし、受けられる舞によって部位が異なります)

御供を作っているところの画像は明日アップしますのでお楽しみに。


posted by ねぎ at 22:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 秋祭り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする