2018年06月24日

「復興支援活動3日目 reconstruction assistance」




もうすぐ6月も終わりですね。
 6月30日は今年の折り返しの日です。
 半年間のケガレをお祓いし清々しく残りの半年間をお過ごし下さい。


夏越大祓神事
 6月30日午後5時から斎行されます。
 どなたでも参列していただけますのでご参拝ください。



明日はその神事でくぐっていただく茅の輪(ちのわ)を作ります。

Photo 2018-06-24 9 46 42.jpg


作った後は神事でなくてもご自由にくぐっていただけます。
 ↓昨年の茅の輪です。



Photo 2017-06-27 11 07 11.jpg






さて、先日活動してきた福島県復興支援の3日目です。

 
残念ながら雨が降っていたため作業することができず
 浪江町周辺の神社を視察しました。


Photo 2018-06-20 10 43 42.jpg


地震で崩れたままの神社です。


↓今にも崩れそうですがなんとか木で支えています。
 

Photo 2018-06-20 10 25 20.jpg



Photo 2018-06-20 10 55 46.jpg


それでもお参りされる方はいらっしゃいます。

神社が復興することを願っている方がいらっしゃいます。


Photo 2018-06-20 11 09 31.jpg






私達にできることは小さなことかもしれません。
 それでも復興へと繋がるようにがんばります!!



ただ、中にはもうお参りされていない神社もありました。
 かなり海に近く、民家も流されて建っていません。
 そんな神社は震災のままです。


Photo 2018-06-20 9 34 47.jpg



Photo 2018-06-20 9 36 54.jpg



Photo 2018-06-20 9 39 56.jpg



Photo 2018-06-20 9 41 08.jpg



Photo 2018-06-20 12 51 35.jpg



いつまでかかるかわからない東日本の復興ですが
 これからも支援し続けていきたいと思います。

みなさんもご協力をよろしくお願いいたします。




おまけ

↓「町おこし」より「町のこし」をスローガンにがんばっている方々によるグルメです^^
 とてもおいしかった焼きそばです。


Photo 2018-06-20 11 45 50.jpg



posted by ねぎ at 16:10| Comment(0) | 復興支援 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月23日

「復興支援活動2日目 reconstruction assistance」




福島県の復興支援2日目です。


まず行った先は福島第一原子力発電所



Photo 2018-06-19 9 20 59.jpg


どれだけのことを伺えるのか
 どこまで見学することができるのか。

現在どういう状況になっているのかを見てきました。



最初に説明を受けましたが
 撮影できるのはここまででした。


Photo 2018-06-19 9 22 01.jpg


東日本大震災で大きな被害の原因となった福島原発。
 廃炉に向けて工事は進んでいますが、まだこれから30年、40年、50年とかかるそうです。
 数日前には第二原発の廃炉の話が出てましたが、
 そのことはこれから話が進んでいくそうです。


1号機から4号機まですべてを外から視察することができました。
 各人線量計を渡され、自分がどれだけの放射能を浴びているのかわかるようになっていました。

また、カードも渡され、それを使って中に入ることになりますが
 パスワードも必要とされるなど、かなり厳重なチェックを通り中に入っていきます。


服装は長袖長ズボンなら特に指定はなく、マスクも必要ありませんでした。
 当然ですが、原子炉近くの中で作業をする人は防護服やマスクを着用する必要があります。


線量計は放射線を0.1mSv/h浴びたり、10時間以上中に入っているとアラームが鳴る設定になっていました。



視察はバスの中からとなり、直接触れたりすることができませんでしたが
 かなり近くを通ることができました。

バスの中の線量はそれほど高くありませんでしたが
 外は100μSv〜260μSvと高い値でした。

「中はどれだけ高くなっているのだろう」と怖くなりました。


外の視察が終わると
 最後に、自分がどれだけ浴びたのか測定され、安全をチェックしていました。



原子炉を冷やした水は汚染されていますので、それをきれいにしていき
 最終はタンクに貯めていきます。
 そのタンクも少しずつ増えていき、タンクの寿命は20年〜30年だそうです。
 そして、どこで処分するかは決まっていないそうです。

これからの国の政策によるそうですが
 まだまだ多くの年月が必要になります。


ちなみに0.01mSv(10μSv)は歯のレントゲン程度だということでした。






次に浪江町の神社の視察と復興です。


訪れた神社は海から近く、津波によりすべてが流されました。
 残ったのは参道の敷石と基礎周りのコンクリートだけです。
 鳥居は倒れたままでした。


Photo 2018-06-19 14 03 32.jpg


Photo 2018-06-19 14 03 12.jpg




海沿いは防波堤の工事がはじまっていました。


Photo 2018-06-19 14 03 24.jpg



周囲には何もなく、津波に流されなかった家がポツンと残っているだけでした。


Photo 2018-06-19 14 03 53.jpg



今回作業したのは草刈りと、ご本殿周囲に砂利を敷くことでした。
 ↓こちらは作業前です。


Photo 2018-06-19 14 05 22.jpg



この草を刈り、砂利を敷いていきます。


Photo 2018-06-19 16 45 53.jpg



最終は↓のようになりました。


Photo 2018-06-19 16 57 44.jpg




このような状況でもお参りされる方がいらっしゃるそうですので
 少しでもお役に立ったのなら嬉しい限りです。




他にも神社を視察しましたが
 まだ震災当時のままのところがほとんどでした。


Photo 2018-06-19 13 51 45.jpg


傾いたお社。
 それを木で支えていますが、いつ倒れてもおかしくない状況です。


数年前は近づくことができなかった場所でも最近は入ることが許され
 お参りをすることができるようになりました。



住宅も神社も再建はこれからのようです。
 もう7年も経ちましたが、まだ7年。
 
どこまで進めば復興が完了になるかわかりませんが
 メディアでもあまり報じられなくなった東日本。


まだまだ復興支援が必要だと感じました。



3日目が最終日となりますが、
 震災から何も変わっていない神社を紹介しようと思います。



おまけ

↓浜通りとかけまして浜鶏ラーメン。
 おいしかったです^^



Photo 2018-06-19 12 30 07.jpg







posted by ねぎ at 17:54| Comment(0) | 復興支援 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月22日

「復興支援活動1日目 reconstruction assistance」



先日の18日から20日まで大阪府神道青年会の活動として
 東日本大震災で被害に遭った福島県へ復興支援活動をしてきました。

今日は1日目のご報告です。




「18日」と聞くとおわかりになると思いますが
 大阪北部で大きな地震が発生した日です。


発生時、すでに伊丹空港にいた私。
 大きな揺れに驚き、一瞬何が起きたのかわかりませんでした。
 
周囲の携帯からは大きな音が鳴り響き、人達も大騒ぎでした。


スタッフの方々は注意を呼びかけ、
 私達もガラスから離れたり、低い姿勢をとったり、外に避難したりしました。


ようやく「地震や!!」と気づき
 家やお宮を心配し連絡すると「大丈夫」だと返ってきたので一安心しました。
 


他の会員のこと、そのお宮のことも確認し
 福島に行くかどうかものすごく悩みました。
 が、もし何かあれば大阪に帰ることにし、予定通り復興支援を決行することにしました。


そして、飛行機は少し遅れましたが飛び立ち、無事に福島に向かうことができました。
 

Photo 2018-06-18 10 57 23.jpg



Photo 2018-06-18 12 08 10.jpg




1日目はいわき市の國魂神社を参拝し、
 福島県神道青年会の方々と合流、結団式を行いました。



Photo 2018-06-18 15 48 45.jpg



次に訪れたのは大堀相馬焼陶吉郎窯



Photo 2018-06-18 17 30 42.jpg



元々は浪江町で工房をされていたそうですが
 震災で仮住まいを余儀なくされ、今年の春にいわき市で新工房を開かれました。


「大堀相馬焼」にも含まれている相馬という地名。
 その名前とは違う地で陶芸をすることを悩みに悩んだそうです。
 「この新工房は苦渋の決断だった」と。
 


Photo 2018-06-18 17 31 39.jpg


窯はこだわりの登り窯
 とてもきれいにできていました。


Photo 2018-06-18 17 37 02.jpg



Photo 2018-06-18 17 45 24.jpg


燃料となる木材は汚染の心配があるため
 皮を剥いだ状態で使用します。


Photo 2018-06-18 17 33 07.jpg



ご子息と共にがんばっていらっしゃいますが
 その次の代、またその次の代へと繋がるかどうかも心配されていました。



Photo 2018-06-18 17 53 02.jpg




元々工房をされていた場所はまだ帰宅することを許されていない場所です。
 「解除されたら戻りたいですか?」と尋ねると
 「もう戻れないでしょ」と返ってきました。


とても考えさせられました。


戻りたい気持ちはあるが、戻ることはできない。
 「自分は元の地に思い入れがあるが、息子は違う。ましてや、孫になるとまったくない。」
 
確かにその通りだと思いました。



街は少しずつ復興してきました。
 見た目の復興は進んでいます。

しかし、その地に帰る人はいるのかどうか。





もう一つ驚いたのが
 「浪江駅」が動いていました。


Photo 2018-06-18 14 18 06.png



防波堤の工事が進んでいたり、除染が進み入ることができる場所は増えました。


それでもまだまだ復興するには時間がかかりそうです。




おまけ

↓ねぎっこラーメンがとてもおいしかったです^^


Photo 2018-06-18 12 49 33.jpg





posted by ねぎ at 16:26| Comment(0) | 復興支援 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月19日

「大阪北部で地震 earthquake in the north Osaka 」



昨日早朝、大阪府北部で強い地震が発生しました。

この地震により被災された方々へ謹んでお見舞い申し上げますとともに、
一日も早い復旧をご祈念申し上げます。

大阪府内の神社の被害も
鳥居や燈籠が倒壊したとの情報が入ってきております。

交通機関は概ね平常通りですが、
震源地の付近はまだ断水などのライフラインへの影響が出ています。

余震も懸念されておりますので、
油断せず身の安全を第一にご注意ください。


当社は幸いにも何事もなかったようです。
ただ小さい地震は続いているようですし
これからまだ大きな地震が発生するかもしれません。

皆様も十分お気をつけください。



8C5F82C4-C90B-4DCB-98FE-922203C96C86.jpeg



posted by ねぎ at 13:36| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月17日

「いよいよ始まりました!! Preparations of the summer festival have started !! 」




夏祭り準備です!!(≧∇≦)


近隣の多くの方からも
 「はじまったね〜♪」という声。


今日の作業は青年団の皆さんによる階段横の足場作り。
 ↓こんなハシゴのような階段を作っていきます。

IMG_6304.JPG


昨年作った物↓を参考に作っていきます。
 ちゃんとどこの物か書いてあるからわかるんですね。


IMG_6341.JPG




それでは今日作業をされていた方々の写真です^^
 いつ見ても真剣な眼差しです。



IMG_6317.JPG



IMG_6308.JPG



IMG_6313.JPG



IMG_6294.JPG



IMG_6299.JPG



IMG_6339.JPG



こうしてがんばって作業をしている中、
 救世主のように突如現れた先輩の皆さん!!



IMG_6315.JPG



現役と一緒になって汗を流してくださいました。



IMG_6323.JPG



IMG_6342.JPG




暑い中、本当にありがとうございました!!

夏祭りの8月1日まで後1ヶ月半。
 地域の方々には大変お世話になります。
 どうぞよろしくお願いいたします。







posted by ねぎ at 15:24| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月16日

「今日も元気ですか? How are you ?」



梅雨の最中ですが、本日青空広がるとても清々しい日となりました^^🎶

皆様元気にお過ごしでしょうか?
 私はというと・・・高熱にうなされておりました⤵💦💦
 もう元気です✨


ちょっとした気の緩みなのか、疲れからなのか
 皆様もどうぞご自愛くださいm(_ _)m



さて、本日は清々しいお天気の下で元気良く地鎮祭をご奉仕してまいりました!!


Photo 2018-06-16 10 29 29.jpg


どうですか?^^

気持ちのいいお天気です。
 恩智の神様もしっかりと見守ってくださっていたことでしょう!!


無事に立派な家が建ちますことをご祈念申し上げます。




そろそろ、夏越大祓の人形(ひとがた)が返ってきています。
 お家には届きましたでしょうか?


特に身内にご不幸があったご家族、ご親族の方々は大祓をして清々しく今年の後半をお迎えください。


Photo 2017-06-27 11 07 11.jpg



今年の茅の輪(ちのわ)は6月25日の午前中に作る予定をしております。
 それ以降でしたらいつでもくぐることができます。
 ご自由にご参拝ください^^



posted by ねぎ at 17:17| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月13日

「近畿はひとつ!! Shinto young men's association」



神道青年近畿地区連絡協議会

 昨日は恩智を離れ、兵庫県は神戸市に行ってまいりました。


何をしに?
 神道青年会の連絡会と研修会です^^


近畿二府四県の青年神職が集まり
 それぞれの近況を話し合う素晴らしい会です。



今回は総会ということで、全国からも多くの方にお越しくださいました。





Photo 2018-06-13 16 10 22.jpg



それぞれの事業を展開する中で
 二府四県同じような考えや悩みがあるようです。
 加えて今回は全国各地のお話を伺うことができましたので
 大変参考になりました!!


また、今回の研修は
 「社宝の正しい取り扱い方〜郷土の文化財を次世代へ受け継ぐために〜」
 という演題で兵庫県立歴史博物館の学芸員さんに講演していただきました。


Photo 2018-06-12 17 27 44.jpg



当社でも古くから残っている物があり
 どのように保管すれば良いのかわかりませんでしたので
 とても良い研修でした。

Photo 2018-06-12 18 09 51.jpg




近畿はひとつをスローガンに
 これからも近畿で力を合わせてがんばっていきます!!


posted by ねぎ at 17:10| Comment(0) | 大阪府神道青年会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月11日

「物部守屋公墓前祭 Mononobe Moriya」



しとしと。
 昨日からずっと降り続いていますね。


ご案内いたしました通り
 昨日は物部守屋公の墓前祭が行なわれました。


Photo 2018-06-10 13 15 22.jpg



雨がしとしとと降る中での祭典。
 風が少し吹き込み、とても厳かな雰囲気でした。



Photo 2018-06-10 14 03 59.jpg




毎年この時期の日曜日に行われています。

今年で何回目になるのでしょうか。
 日本古来からの神道の考えを守ろうとした物部氏。
 今でもその御霊を慰める為にお祭りが行われています。


Photo 2018-06-11 17 30 12.jpg




私はというと、楽人として龍笛を吹いてご奉仕いたしました。


Photo 2018-06-11 17 29 39.jpg




なかなかみつけにくい場所にありますが、国道25号線沿いにあるこのお墓。
 もし通ることがありましたら是非お参り下さい。



posted by ねぎ at 17:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月10日

「梅雨ですね〜 it's the rainy season」



雨が多いですね。
 だって梅雨ですからね。
 なんて言われたら何も言えませんが、今日は雨じゃない方がよかったかもしれません。
 


今日は午後3時から物部守屋公の墓前祭です。
 ↓(昨年の写真です)

Photo 2017-06-11 14 07 05.jpg



八尾市の太子堂に物部守屋公のお墓があるのですが
 その前でお祭りを行います。


雨が心配ですね。
 精一杯ご奉仕してきます。



posted by ねぎ at 12:31| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月08日

「神社参拝 let's visit a shrine」



梅雨入りしましたね〜> <
 外作業がしにくくなります。
 草がどんどん伸びます。

でも、この雨があるから私達は生かされていますし
 この雨を喜んでいる生き物もいます。

何事も自分中心に考えてはいけませんね。


さて、昨日は大阪府神社庁第6支部(東大阪市、八尾市、柏原市、松原市)の神社の
 総代会婦人会の総会・合同研修会でした。


訪れたのは、和歌山
 今回参拝したのは伊太祈曽神社(イタキソ)です。



車を降りてまず目に飛び込んできたのがこちら↓

Photo 2018-06-07 9 48 58.jpg


大きな池があり、立派な橋が架かっていました。
 渡ろうかと思いましたが時間がありませんでした^^;


ここの神様は五十猛命(イタケルノミコト)というお名前で
 日本の木を植えられた神様だそうです。

そのため、境内には木に関するものがたくさんありました。


Photo 2018-06-07 9 49 19.jpg



干支の木彫りもあり自分の干支をなでてきました。




正式参拝をさせていただき宮司様が由緒や紀伊国のことをお話くださいました。
 「昔は木の国、そこから紀伊国になった」等々。



Photo 2018-06-07 10 24 15.jpg




とても立派なお社です。
 和歌山に行かれた際は是非ご参拝ください^^


Photo 2018-06-07 9 55 25.jpg





参拝が終わると総会です。


Photo 2018-06-07 11 29 32.jpg



無事すべての議案が可決されましたので
 今年度もたくさんの研修をしようと思います^^




posted by ねぎ at 14:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする