2018年01月16日

「あたたかくなりました♪ It's a warm day♪」



少し寒さが和らぎ、過ごしやすくなりました。
 先日まで車のフロントガラスが凍ったり・・・
 水道が凍ったり> <
 手水に氷柱ができていたり´д` ;
 とてもとても寒い日が続いていたので今日はあったかく感じました。


昨日の粥占神事燠上神事

まず、拝殿内で火を熾します。
 当社では火打ち石を使います。

Photo 2018-01-15 7 06 47.jpg


その火を代表に託し、釜に火をつけます。

Photo 2018-01-15 7 14 28.jpg


↓こちらが奉仕者です。

Photo 2018-01-15 7 15 25.jpg


まずは、燠上神事ですが
 樫の棒を燃やしていきます。


Photo 2018-01-15 7 18 52.jpg


団子と団子の間が細く、折れやすいので要注意です!!

Photo 2018-01-15 7 23 08.jpg

奉仕者同士で
 「もうそろそろちゃう?」
 「いや、細いとこがまだ燃えてへんからまだや」
 などと相談しながら燃え具合を確かめます。

そして、上から順番に灰の上に置いていきます。

Photo 2018-01-15 8 12 23.jpg

これを拝殿でお祓いし、燃え具合で天候を占います。
 不思議なことに↑の時とお祓いした後では燃え具合が変わります。

結果はこちらです。

Photo 2018-01-15 9 35 40.jpg


黒い部分が雨、割れているのは風を表します。

Photo 2018-01-15 10 39 58.jpg


次に粥占神事

神火で釜に火をつけ、粥を作っていきます。
 そこに72本の縛った竹筒を入れ、穴に粥を流し込んでいきます。


Photo 2018-01-15 7 33 28.jpg

てんこ盛りになるくらい流し込みます。

Photo 2018-01-15 7 33 38.jpg

ここがとても熱くて熱くて
 奉仕する人がとても大変です> <


Photo 2018-01-15 7 36 06.jpg


こちらも拝殿でお供えしてから一本ずつ竹の中を確認していきます。

Photo 2018-01-15 8 24 10.jpg


↓1本ずつ割っているところです。

Photo 2018-01-15 9 25 16.jpg


中に粥が入っている場合もあれば

Photo 2018-01-15 9 27 40.jpg


まったく入っていない場合もあります。


Photo 2018-01-15 9 27 29.jpg


隣同士で同じような大きさの穴でも入っていたり入っていなかったり。
 この粥の入り具合で農作物の豊作・凶作を占います。


Photo 2018-01-15 9 15 19.jpg


その結果はこちらです↓


Photo 2018-01-15 10 40 13.jpg


Photo 2018-01-15 10 40 20.jpg


Photo 2018-01-15 10 40 30.jpg


粥が入っていれば「上(豊作)」
 入っていなければ「下(凶作)」

なんと!
 八尾特産の枝豆と若ごぼうが「下」!!

今年はどうなるのでしょうか・・・。


この神事はどなたでも参列できますので
 来年よろしければご参拝ください^^




 
posted by ねぎ at 17:37| Comment(0) | 行事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする